ジェネリック医薬品と漢方薬

ジェネリック医薬品っていったいどうゆうもの?

近年、よく耳にするようになったジェネリック医薬品。
もともとある医薬品(先発品)と『同じ成分』で『値段が安い』という特徴があるということで、テレビCMなどでも紹介されています。

 

ジェネリック医薬品という名前が使われ始めたのは、ここ20年程度。昔からあったのですが、ジェネリック医薬品という言葉ができるまでは「後発医薬品」と呼ばれていました。

 

先発だとか後発だとか・・・そう、すべては「医薬品の特許」に関わっています。
現在、医療用医薬品として使われている薬は、いくつかの特許を取得しています。

 

ここでジェネリック医薬品と大きく関わるのは、「物質特許」と「製剤特許」です。
物質特許とは、化学物質(化合物)そのものについての特許で、これを取得するとメーカーはこの化学物質について、独占的に製造・販売が行えます。

 

そして、この特許は医薬品開発の初めに取得するもので、期間は20年です。
これは5年延長することができます。

 

製剤特許は、医薬品の製剤方法に関する特許です。
化学物質を医薬品として、患者さんに処方できるように、飲み薬にしたり点滴にしたりするわけですが、この時の、医薬品の製造方法や、薬に含まれる安定剤などにも特許が存在します。

 

化合物質として発見されたものが、実際、患者さんに処方されるまでには、20年近くの歳月と、数十〜百億というお金がかかっているのですが、あれ?特許は延長しても25年だったはず?

 

つまり、先発品メーカーはうまく発売にこぎつけても、数年しか独占販売できず、すぐにジェネリック医薬品が発売されてしまうわけです。シアリスジェネリック

 

ジェネリック医薬品にも、先発品と同等であるという試験にパスしなくては発売できません。
しかしこの「同等」というのがミソで、±20%の誤差が許されています。

 

しかも、この同等であるかを見るための試験は「溶出試験」が用いられています。
この試験は簡単にいえば、薬がどのように溶けるかを見るだけで、このジェネリック医薬品が効くかどうかを判断するわけではないのです。

 

ジェネリック医薬品は『先発品と同じ成分』といわれていますが、
これは正しくは『先発品と同じ化学物質が使われている』です。

 

つまり、使われている化学物質は一緒でも、製造方法や安定剤などは同じではないのです。
そして、製品開発にコストがかかっていないため、安く販売できるわけです。

 

つまりジェネリック医薬品は先発品の『似て非なるもの』なわけです。デパスジェネリック