現在、医療用医薬品として使われている薬

ジェネリック医薬品。

近年、よく耳にするようになったジェネリック医薬品。
もともとある医薬品(先発品)と『同じ成分』で『値段が安い』という特徴があるということで、テレビCMなどでも紹介されています。

 

ジェネリック医薬品という名前が使われ始めたのは、ここ20年程度。昔からあったのですが、ジェネリック医薬品という言葉ができるまでは「後発医薬品」と呼ばれていました。

 

先発だとか後発だとか・・・そう、すべては「医薬品の特許」に関わっています。
現在、医療用医薬品として使われている薬は、いくつかの特許を取得しています。

 

ここでジェネリック医薬品と大きく関わるのは、「物質特許」と「製剤特許」です。
物質特許とは、化学物質(化合物)そのものについての特許で、これを取得するとメーカーはこの化学物質について、独占的に製造・販売が行えます。

 

そして、この特許は医薬品開発の初めに取得するもので、期間は20年です。
これは5年延長することができます。

 

製剤特許は、医薬品の製剤方法に関する特許です。
化学物質を医薬品として、患者さんに処方できるように、飲み薬にしたり点滴にしたりするわけですが、この時の、医薬品の製造方法や、薬に含まれる安定剤などにも特許が存在します。

 

化合物質として発見されたものが、実際、患者さんに処方されるまでには、20年近くの歳月と、数十〜百億というお金がかかっているのですが、あれ?特許は延長しても25年だったはず?

 

つまり、先発品メーカーはうまく発売にこぎつけても、数年しか独占販売できず、すぐにジェネリック医薬品が発売されてしまうわけです。

 

ジェネリック医薬品にも、先発品と同等であるという試験にパスしなくては発売できません。
しかしこの「同等」というのがミソで、±20%の誤差が許されています。

 

しかも、この同等であるかを見るための試験は「溶出試験」が用いられています。
この試験は簡単にいえば、薬がどのように溶けるかを見るだけで、このジェネリック医薬品が効くかどうかを判断するわけではないのです。

 

ジェネリック医薬品は『先発品と同じ成分』といわれていますが、
これは正しくは『先発品と同じ化学物質が使われている』です。

 

つまり、使われている化学物質は一緒でも、製造方法や安定剤などは同じではないのです。
そして、製品開発にコストがかかっていないため、安く販売できるわけです。

 

つまりジェネリック医薬品は先発品の『似て非なるもの』なわけです。

信頼できる医師

5ヶ月前、会社でのストレスが原因で不眠症と食欲不振が続いていた私は産業医から「うつ病の疑いがある」と言われました。

 

まさか自分がとショックを受けましたが、産業医の勧めでとある心療内科を受診しました。

 

初めて受診する心療内科という病院にドキドキしましたが、お会いした医師はとてもやさしく、私のストレスの原因となっている仕事の話を聞き、「何がストレスになっているかはその人のことを知らないとわからない。

 

これから一緒に治していきましょう」と言ってくれました。
その後私は週に1度医師のもとを訪れ、自分の状態を伝え続けました。

 

そしてそれに対する医師の対応を見て、この医師は信頼してもいい人だと確信しました。
1ヶ月後、医師から「一度休職してじっくり治した方がいい」と診断され、私は休職することとなりました。

 

それからは不眠症を改善するために睡眠導入剤を2種類と、腸の動きを活発化させる胃薬を服用し、
様子を見ようと言われました。

 

しかしこの時処方されたこの胃薬について、1つだけ副作用の説明がありました。

 

「この胃薬には抗うつ薬としての効果があると実証されており、あなたにはうってつけであると思われるが、女性がこの薬を半年以上に渡り長期服用した場合は身体が妊娠状態に近づいてしまい、無月経になることがある」と言うのです。

 

「しかしあくまでも長期服用した場合に起こり得る副作用であり、しかも確実に起きるというものでもないので試してみてほしい」と医師は続けました。

 

私はその説明に納得し、短期で服用しようという医師の提案を受け入れ、服用し始めました。

 

始めのひと月は何事もなく、睡眠導入剤のおかげで眠るようになった私は体が軽くなり、それまで忙しくてなかなか会えなかった友人と食事をしたりすることでストレスを発散しました。

 

変化が起き始めたのは次の月からでした。
普段より5日ほど生理が遅れたのです。

 

けれどそれまでの体調不良もあり、恐らくはそれが原因だろうと考え、医師に報告はしたものの、大して気に留めませんでした。
しかしその次の月。

 

予定日から2週間が過ぎても生理が来ませんでした。
これが医師の説明にあった副作用かと思いましたが、服用して2ヶ月半という説明よりもあまりに早い発現に私は戸惑いました。

 

しかも生理予定日以降はずっと生理前症状のような頭痛と吐き気があったので、来そうで来ないという状況に苛立ちも覚えました。

 

このことを医師に報告すると「恐らくは年齢が若いせいで副作用が現れるのが早かったのだろう」と言い、「本当に申し訳ないことをした」と謝罪されました。

 

とはいえ副作用についてはきちんと説明があり、また、発現についても定説より早かったのは医師のせいではないと考えていましたので、薬の服用を止めても病院には通い続けました。

 

むしろそこまで真摯に受け止め、謝罪をしてくれたことに感動したほどです。
その後医師のフォローがしっかりしていましたので、副作用は無事に消えました。

 

今は睡眠導入剤のみ処方してもらい、ゆっくりと休んでいます。
この経験から、『医師も薬の副作用について予測できないこともある』ということを学びました。

 

同時に『医師がどのようにフォローするかが大事』だということ、『なにがあっても信頼できる医師に出会うことが重要』だと強く感じました。

 

信頼関係がなくてはどんな治療も上手くいきません。
私はこれからもこの医師と一緒に治療に励んでいきます。

漢方薬による体質改善の効果

私は23歳の時に『ストレス型過敏性腸症候群』と診断されました。
過度のストレスにより腸の動きが鈍くなったり正常に動かなくなるという症状が出ており、内視鏡で腸内を見た時にはニキビのようなぶつぶつとしたものがありました。

 

しかもその検査の際に、私のS字結腸のカーブが普通の人よりも鋭角であることも判明しました。
内視鏡が通らないほどのそれは、長年私を悩ませていた便秘の原因でした。

 

検査後、医師からされた提案は「早期治療のために断食して点滴投与をするために入院すること」と「長期治療となるが、普段通り働きながら治すために投薬治療をすること」の2つでした。

 

この時の私はストレスの原因ともなっていた仕事が忙しく、入院している暇がありませんでしたので、投薬治療を選びました。
しかしなかなか効果が出ず、2ヶ月経っても症状が改善される様子がありません。

 

そこで医師は「同じ病院内にいる別の医師を紹介したい」と私に言いました。
その医師は漢方薬に詳しく、西洋医学の薬では治療が上手くいかない患者に適した漢方を処方しているというのです。

 

私は藁にもすがる思いでその医師に受診を申し込みました。
紹介されたその医師は女性で、明るくさばさばとした性格のとても話しやすい方でした。

 

私は促されるまま、素直に自身の体質について話をしました。
父親譲りの胃酸過多と母親譲りの胃腸虚弱があること、生理痛が重いため生理中は1日動けなくなったりすること、体温が低いこと、水分を取るとトイレが近くなることなど。

 

話していくうちに医師は「なにかにつけてお腹が痛い子なんだね」と笑いながら評し、恐らく根本にある原因は「低体温であること」と「血の巡りが悪いこと」だろうと診断しました。

 

低体温だから内臓の動きが鈍く、便秘が起きたり生理が辛かったりする。
水分を上手く身体に取り込めないために血の巡りが悪く、内臓の動きが活発化しない。

 

故に胃腸や子宮に悪影響が出ている、と言うのです。
それらを改善するためにと私は2つの漢方薬を処方されました。

 

内臓の痛みを感じにくくする薬と腸の働きを助ける薬でした。
そして1ヶ月が経ち、腸の動きが少し改善されると、今度は腸の動きを助ける薬の代わりに基礎体温を上げる効果がある薬を処方してくれました。

 

その2種類の薬を継続的に飲み続けたおかげで、症状は劇的に改善されました。
私は今でもあの時に別の治療法を模索して他の医師を紹介してくれた医師と、的確に症状を診断して解決してくれた医師の2人にとても感謝しています。

参考サイト